2007年08月02日

日召和

ほんの軽い気持ちで聴きはじめた中森明菜に、今では頭のてっぺんから爪先までどっぷりである。
当時の自分は幼過ぎて曲そのものは憶えておらぬが、それでも明菜を聴くと何故だか、ダイヤル式のテレビジョン、レゴブロック、ガーガーとうるさい旧型の掃除機、黒電話、漫画のシールでベトベトになった冷蔵庫、などの映像が脳裏にフラッシュバックして、すさみがちな心にとってそれがこの上ないポーションとなるのである。
そもそも憶えてもおらぬものに郷愁を掻き立てられるというのも考えてみればおかしな話であるが、それでも母親が見ていた歌番組の中で、誰かしらの女性アイドルを観ていた記憶ならある。
その中の一人に明菜もいたのであろう。
刷り込み。
posted by 710 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50009940
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。